2022年4月1日

「月刊先端教育」2022年5月号発売 巻頭企画 社会構想大学院大学 名称変更記念特集/大特集「金融リテラシー」

 

【大特集】金融リテラシー
経済の血液といわれる金融。企業や教育機関だけでなく、個人にとっても基本的な金融リテラシーを身につけ資金を有効活用することが重要ですが、体系立てて知識を習得できる場は多くありません。持続的な組織運営・個人の「未来」をつくりだすために必要な金融リテラシーとは、企業経営・学校教育の双方から焦点を当てて紐解きます。

【巻頭企画】社会構想大学院大学 名称変更記念特集

2022年4月より社会情報大学院大学は「社会構想大学院大学」に校名を変更しました。
今号では『変革期に求められる「社会構想」』と題して記念企画を設けています。

-社会構想大学院大学が目指すもの/学校法人先端教育機構 理事長 東 英弥

-成熟社会への処方箋~社会的共通資本の思想~/帝京大学経済学部経済学科 教授 小島 寛之
「ESG」「SDGs」などサステナビリティが重視され始めた今、宇沢弘文氏が提唱した「社会的共通資本」に
注目が集まっている。宇沢氏に直接教えを受けた経済学者の一人である小島 寛之氏が解説。
※4月10日(日)までオンラインにて無料公開中 https://www.sentankyo.jp/archives/202205

 

※※※新年度購読キャンペーン※※※
(購読料が最大35%オフ)

月刊先端教育ならびに月刊事業構想では、社会構想大学院大学名称変更・事業構想大学院大学開学10周年を
記念して新年度キャンペーンを実施しています。
これを機に是非、ご高覧いただければと存じます。
詳細・お申込みはこちらから https://forms.office.com/r/KcAU74N4KF

全国の書店、Amazonでも販売中
https://amzn.to/3tBab3a

←ニュース一覧ページへ戻る