2018年10月3日

「実務家教員養成課程」が開講しました

日本初の実務家教員を養成するプログラム「実務家教員養成課程」が、昨日開講しました。
大学論を専門とする川山竜二教授が教壇に立ち、実務家教員を取り巻く社会状況と課題などについてガイダンスを行いました。
全30講の講義が、来年2月まで続きます。
プレスリリース(pdf)

2019年4月開講の第2期は、10月中旬から説明会を随時開催します。
大学・大学院・専門学校等の教員を目指す方で、実務家としての経験・知見を有する方が対象です。
詳細はこちらをご覧ください

←ニュース一覧ページへ戻る